トップページ > お客様の声 > お客様の声・大林さま

お客様の声・大林さま


中国のご出身の大林さん。日本語を勉強するために2006年に来日しました。
その後、整体師として東京都台東区上野でお仕事しながら、帰化申請をし、帰化許可を得ました。大林さんが日本人になり、ちょうど1ヶ月のこの日、職場でいろいろとお話を伺いました。


いまのお名前 大林 裕明 様
以前のお名前 梁 雷 様
出身 中国
現住所 東京都渋谷区
年齢 31歳
婚姻 既婚
職業 整体師
来日 2006年4月4日
帰化申請日 2012年7月27日
帰化許可日 2013年7月25日
「おめでとうございます。今日からあなたは日本人です」
帰化申請からちょうど1年後、法務局の事務官から電話が来る

– 日本人になってちょうど1ヶ月です。いまのお気持ちをお聞かせください

うれしいです!まだあまり実感はありませんが、この日本のパスポートを持てたのがうれしいです。このパスポートを持って、来月中国に行きます。お母さんに会いにいきます。中国のビザも取りました。

– 帰化許可が取れた日のこと、覚えていますか?

事務官からの電話で教えてもらいました。それまでも3,4回、事務官からは電話があり、付属書類の提出や納税証明書等の提出を指示されていましたが、今回は電話でいくつかの質問がありました。「住所は変わっていませんか?」「仕事は変わっていませんか?」といった内容です。それらの質問に答えたあと、少し間があったあと、事務官からこう言われました。

「おめでとうございます。帰化の許可が下りました。今日からあなたは日本人です

私は「超」うれしくって、泣きそうになりました。

その日は、友だちや職場の同僚といっしょに、少し豪華な中華料理でお祝いをしました。帰化を聞きつけた整体に来てくださる常連さんからも、お祝いのお花をいただきました。ほんとうに、超うれしかったです。一生、忘れられない出来事になりました。

緊張した法務局事務官との面談

– 帰化申請をする上で、困ったことはありましたか?

特にありませんでした。ひとつ挙げるとすれば、いろいろな書類を集めなければならなかったことですが、それは本人でないとできないこともありますので、仕方ありません。それ以外は、すべて行政書士の小島さんにお願いしていましたので、ほとんど困ったことはなかったです。

– 帰化申請時には面接もあります。大林さんが受けた面接について、お聞かせください

法務局での申請が終わり、その日の午後、事務官と面談をしました。私の場合、面談は約2時間。事務官と私のふたりきりでの面談でしたが、この事務官の質問が厳しかった。質問は事前に準備していましたが、予想していなかった質問が来て困りました。しかし、小島さんとの事前練習もしていたので、なんとか乗り切れました。

– 面接のあと、日本語テストもあったと聞きました

はい、20分間のテストです。小学生の日本語くらいだと思います。その前の面談で少し疲れていましたが、20分間と短かったので大丈夫でした。面接とは違い、考える時間もあるので、前もってしっかり準備しておけば、日本語テストは大丈夫だと思います。

帰化申請が通るなら、「専門家にお願いしたほうがいい」と思いました。

– 日本には、「いつ」「どんなビザ」で来日しましたか?

日本に来る前は、中国の小学校で体育の先生をしていました。
しかし、日本が好きでしたので、日本で日本語学校へ通うために学生(留学)ビザを取りました。日本語学校へは1年通いましたが、もう少し勉強したいと思ったので、大学でも日本語を学びました。

– いつ頃から、帰化を考えはじめましたか?なにかきっかけはありましたか?

私は日本が大好きです。

だから、便利で楽しい日本にずっと住みたいと思いました。東京にずっと住めるマンションが欲しくなりました。でも現金でマンションを買えるほどのお金はありません。マンションを買うには、お金を借りなければいけません。でも、帰化すれば銀行のローンも組めます。

それにビザの更新が面倒でした。たくさんの申請書類を集めるのも大変。わからないことも多い。時間もかかる。
だったら、帰化してしまったほうがいいのではないかと思うようになりました。

– 帰化申請はご自分でもできると聞きます。なぜ、お金を払ってまで行政書士に依頼したのですか?

確かに帰化申請は、自分でもできる人はいます。でも、私は自分ではできません。

時間」と「手間」、そして「専門の知識」が必要です。それに私は普段、仕事をしています。書類を集めたり、確認したり、作成したりする時間は、ほとんどありません。帰化に関する専門知識もない。専門知識がないと失敗するかもしれない。それなら、専門家である行政書士の小島さんにお願いしたほうが早い。実はそれまでも、小島さんにはビザの申請で相談に乗ってもらっていました。ですから、帰化についても、こう相談しました。

「小島さんにお願いしたら、帰化できますか?」
「できますよ。条件が揃っていれば、100%帰化できます

そのコトバを信じて、帰化申請のお願いをして、ほんとうに良かったと思っています。

日本人として、来月は中国、年末は憧れのモルディブ。来年はハワイに行く予定です

– 大林さんからご覧になって、行政書士の小島さんはどんな人ですか?

とても信頼できる人です。
日本の法律で困ったときはいつも、やさしく・丁寧に教えてくれます。

– 大林さんのこれからの夢や目標をお聞かせください

いま思っていることは2つあります。

ひとつは、海外旅行に行きたいです。いろいろな国に旅行に行きたいです。帰化できたので、念願の日本のパスポートがもらえました。そのパスポートで、来月は中国に住んでいるお母さんに会いに行きますし、年末はずーっと行きたかった、憧れのモルディブにも行きます。来年はハワイに行く予定を立てています。ぜんぶ、いまから楽しみです。

もうひとつの夢は、東京にマイホームを持つこと。山手線の沿線でマンションを買いたいと思っていますので、いまから計画を立てないといけません。銀行からの融資を受けるので、ちゃんとした計画を立てようと考えています。

– 行政書士の小島さんにひとこと、メッセージをお願いします

いつも色々と相談に乗ってくれてありがとうございます。

ビザの申請だけでなく、帰化を考えたときにも小島さんに相談して良かったです。おかげさまで、このように日本のパスポートも持つことができました。旅行も行けます。これからが楽しみ。また、日本の法律で困ったときは、相談に乗ってください。

これからも、よろしくお願いします。


※ 取材日時 2013年8月

無料レポート日本国籍を取りたいすべての外国籍の方へ

無料相談のお申込みフォーム

まずは資料をみたいという方資料請求フォームへ

はじめてのお客様専用ダイヤル

東京エリア03-3831-2505名古屋エリア052-446-5087中国語070-5376-4355韓国語080-4670-2341English080-4941-0978

帰化許可申請書(無料ダウンロード)

必要書類一覧