トップページ > 帰化コラム > 日本国籍の取得方法

日本国籍の取得方法

日本国籍取得に必要な条件

日本人と結婚したり、仕事の都合などで日本で長らく生活することが必要な場合、日本人になって日常生活を送るほうが、何かと便利に感じる外国人の方もいらっしゃることでしょう。

日本人になるためには、帰化と呼ばれる手続きが必要になります。帰化することによって、日本国籍を取得することが可能になります。

外国人が他の国の国籍を取得するには、何かと面倒な手続きも多いものです。

申請書類をそろえるのはもちろんですが、それ以外にも帰化するにはいくつか条件が必要になってきます。

日本国籍を取得したい場合には、入国管理局の許可された在留資格を持っていることと、引き続き5年以上日本に住所を持っていることが必要になります。

ここで気をつけたいのは、日本居住期間の通算が5年以上あったとしても、継続していなければ該当しなくなることです。

また、未成年の場合、自分では帰化申請することができません。ただし、親と一緒に申請する場合は、例外とされます。

20歳以上といっても、素行に問題がある場合、申請しても帰化できないことがあります。

たとえば犯罪歴があったり、社会的に問題を起こしている場合、帰化申請しても厳しい結果となることもあるようです。交通違反も可否の判断材料にされることがあります。

日本の一般的な社会人と同じように、ちゃんと働いて納税義務を果たし、年金に加入していることが確認されれば、日本の社会でも問題なく生活できると判断されます。

他にも大事になってくるのが、申請者の経済力です。仕事をして生計を立てられるかどうかをチェックされます。

もし自分に経済力がなかったとしても、配偶者が安定した経済力があったり、学生だと親からの仕送りがある場合、認められることもあります。

小学生レベルの日本語理解力が必要

日本国籍を取得するには、国籍を持っていないか、それまでの国籍を日本国籍の取得によって喪失しなくてはなりません。

また、日本の平和憲法に合致する考えでないと、日本国籍を取得することが難しい場合もあります。テロを起こすような危険思想な人の場合、まず認められることはないでしょう。

当然でありますが、日本語レベルのチェックも行われます。

最低でも日本人の小学生の低学年レベルの国語力がないといけません。カタカナやひらがな、簡単な漢字を理解する必要があります。

申請のときにスムーズに担当官と日本語で話をできるレベルが望ましいでしょう。

日本国籍の取得方法にはさまざまな条件がありますが、他にも必要書類を申請する必要があります。

帰化許可申請書はもちろんですが、それ以外にも国籍や身分の証明書、住民票や履歴書、給与明細書や納税証明書、事業をしている場合は事業の概要書などといった、さまざまな書類が必要になってきます。

帰化許可申請書(無料ダウンロード)

必要書類一覧