トップページ > 帰化コラム > 朝鮮人が帰化する理由

朝鮮人が帰化する理由

朝鮮人が帰化する理由

特別永住者である在日朝鮮人や韓国人

日本で永住を許可された在日朝鮮人や韓国人を特別永住者といい、現在でもその数は48万人を超えています。

第二次世界大戦で日本が敗戦した後、サンフランシスコ平和条約により、それまで日本の占領下とされていた朝鮮半島や台湾は日本の領土ではなくなりました。

そのため、それまでは日本国民とされていた在日朝鮮人や台湾人たちは、本国が日本領土でなくなったことから、日本国籍を離脱することになります。

その在日朝鮮人や韓国人、台湾人などの子孫までもが日本で永住をすること考慮し、特別永住権が施行されました。

長年、日本での定住外国人として最大数を誇っていましたが、近年では帰化する人や亡くなってしまう人も増えたことで、減少傾向にあります。

日本で長らく生活していくことで不便さを感じたり、日本人と結婚するために帰化を考えて、手続きをとる在日韓国人の方も少なくないようです。

日本国籍に帰化申請する場合は、自分の意志を再確認しておくことも大切です。一度帰化してしまうと、特別永住者に戻ることはできません。
国籍を変えた上で問題が生じないのか、よく考えて申請手続きを始めたほうが良いでしょう。

帰化することで変化は起きるのか

在日韓国人や朝鮮人が帰化を考える場合、さまざまな理由があるようです。子どもの将来を考えている人や、結婚した配偶者や子どもと国籍が異なったり、就職活動をする上で不利になることを心配して帰化を決める人も少なくありません。

また日本に住みながら、参政権を得られないといった不便さもあります。帰化することで参政権を得られるのは、大きなメリットかもしれません。

帰化することにより国籍が変わるということで、帰化申請をすることに抵抗がある人も少なくありませんが、在日朝鮮人であるがゆえに必要となる行政手続きなどが排除されると考えて、帰化する人もいるようです。

嫌韓意識が強い日本人もいることから、在日朝鮮人であることを隠して生活をしている人もいます。昔に比べると差別意識は幾分か改善されてきていますが、残念ながらいまだに理由もなく在日と聞くだけで、差別意識を持つ日本人もいます。

結婚するときに在日朝鮮人だというだけで、相手の両親が反対したり、就職活動で採用されなかったりすることも、現実問題としてあるようです。

在日朝鮮人の帰化申請は複雑になりがちなので、当社のような帰化専門事務所に依頼するメリットを考えて申請することをおススメします。

帰化許可申請書(無料ダウンロード)

必要書類一覧