トップページ > 帰化コラム > 在日韓国人の帰化申請を考える

在日韓国人の帰化申請を考える

子どもの帰化を考えている場合

日本にはおよそ50万人もの在日韓国人が生活しているとされていますが、すでに帰化申請をして日本国籍を取得した人数は36万人以上いるとされています。

日本で生活していく上で何かと不便を感じて、帰化を考える在日韓国人も多く、自分自身だけでなく、配偶者や子どものことを考えて、帰化する人も少なくありません。

まずは、本当に帰化しても後悔しないのか、自分自身でしっかり考える必要があります。子どもの将来をと考え、帰化する両親も少なくありませんが、まだ自分では国籍についてそれほど考えのある子どもも少ないので、子どもが成人してから帰化するのも、一つの方法です。

普段生活している分には特に問題ありませんが、周りに在日韓国人であることを隠して生活している人もいます。
在日韓国人であることは決して恥ずべきことではありませんが、差別や世論が気になり、周りにカミングアウトできない人も少なくありません。

子どもであれば、大人になってからも帰化した事実が消えないことをそれほど考えていない場合もあります。
子どもが成長してから自分の出生のルーツを考えるようになった場合、なぜ帰化しなくてはならなかったのか、考えることもあるでしょう。

家族での帰化を考える場合、子どもが大きくなってからのことも視野に入れて、子どもが成人してから本人に決めさせるのも、一つの方法かもしれません。

 

在日韓国人の帰化申請に必要な要件を確認しておきましょう

帰化申請を行うにあたっては、必要要件を満たさなくてはなりません。内容としては、住所要件、能力要件、素行要件に生計要件、国籍要件、憲法遵守要件、その他の要件となります。

住所要件は継続して5年以上日本に住所を有する必要があるとされていますが、在日韓国人の場合、多くの人はこの要件を満たしているのではないでしょうか。

しかし、海外留学や仕事で海外渡航することが多い場合、審査の際に引っかかることもありますので、帰化申請を行うのであれば気をつけなくてはなりません。

能力要件では、20歳以上であることが必要になってきますが、未成年でも両親と一緒に帰化申請するのであれば問題ありません。

15歳未満の子どもの場合、法定代理人が代理で申請をすることができますが、一般的には両親が申請をするケースが多いようです。

帰化申請のための必要要件を満たしていないと、帰化申請が取り下げられることもありますが、長らく日本で暮らしている在日韓国人の場合、要件より提出書類の不備に気を付けたほうが良いかもしれません。

帰化許可申請書(無料ダウンロード)

必要書類一覧