トップページ > 帰化コラム > 帰化申請を検討中の名古屋在住の韓国方

帰化申請を検討中の名古屋在住の韓国方

帰化申請を考えている名古屋在住の韓国人へ

キムチでおなじみの韓国は日本のお隣の国ですよね。食べ物だけでなく、音楽、ドラマや映画といったサブカルチャーがひと昔前に日本でもブームになりました。日本から近く、飛行機で簡単に行ける外国であることから韓国人の4,000~5,000人が毎年日本で帰化しています。日本の帰化申請は韓国人が最も多いのです。韓国人の中でも特別永住者の韓国人がほとんどです。普通の韓国人でも仮に帰化申請をして日本人になったとしても、さほど距離のない韓国にまた向かうのは難しくないからかもしれません。

在日韓国人が日本で行う帰化申請の方法としては、よほど根気よく自力ですべて準備できる自信がない限りは、帰化申請代行機関(行政書士法人)を利用することになるでしょう。プロの力を借り、しっかりと準備を整えれば、帰化申請許可が下りるのも難しいことではないはずです。

■身分証明書の取得

韓国人が日本で行う帰化申請において集めるべき証明書は、家族関係証明書、基本証明書、韓国除籍謄本、婚姻関係証明書、入養関係証明書、親養子入養関係証明書です。通常は前記3種で養子の方は後期2種の証明書も併せて必要になります。また、家族関係証明書と基本証明書は、両親分も必要になるので注意してください。除籍謄本は、法務局から求められた場合のみで構いません。そして、各証明書は日本語訳を添付しなければならないため、翻訳作業が必要となります。韓国語と日本語が得意でない場合は自力での作業は難しくなることでしょう。

まれに戸籍が見つからない場合は、韓国の役所へ問い合わせることになります。それでも見つからない場合には、韓国領事館等からの回答を日本語訳して法務局へ提出します。大半の身分証明書は名古屋にある韓国総領事館に申請します。

自力での帰化申請において一番の苦労は書類の膨大さと複雑さであると経験者は口を揃えて語っています。また韓国で発行された証明書を理解する語学力が日韓ともに必要です。この点については、両国語に支障のないアドバイザーがサポートしてくれる代行機関において有利なようです。外国人のスタッフで帰化を支える行政書士法人でかつ、韓国を専門に帰化支援している業者を探しましょう。申請に関する相談は無料、帰化の不許可に費用の全額返金で対応してくれる金銭的なメリットもあります。

■韓国大使館と駐名古屋韓国総領事館

韓国大使館は東京に存在し、領事館は名古屋の他にも札幌、仙台、新潟、横浜、神戸、大阪、広島、福岡にもあります。愛知、三重、福井、岐阜県を管轄しています。駐名古屋韓国総領事館もビザ発行などの手続きを行っているほか、書類の申請などで向かうことになります。行政書士などに任せている場合でも、本人が手続きしなければならない内容もあるため、覚えておいて損はありません。

無料相談のお申込みフォーム

まずは資料をみたいという方資料請求フォームへ

はじめてのお客様専用ダイヤル

名古屋エリア052-446-5087

帰化許可申請書(無料ダウンロード)

必要書類一覧