帰化とは

帰化コラム – 帰化とは

<帰化とは>
帰化とは一言で説明するならば、日本国籍を持っていない人が日本国籍を取得することです。ここで日本国籍を持っていない人とは所謂、海外から日本にやってきた外国人であるとは限りません。

 

特別永住権をお持ちの在日韓国人の方なども帰化申請を行うことができます。 また外国人との結婚などで日本国籍を失った人が再度、日本国籍を取得する場合など様々な例が考えられます。

 

そしてそれぞれのケースにおいて帰化の申請をこなえる要件が変わってきます。大きくわけて帰化申請には3パターンがあり、一般的な申請手続きの場合は普通帰化といいいます。

 

二つ目は簡易帰化と呼ばれるもので、日本人と血縁関係にある者や日本で出生した者、また先にあげた日本国籍を失った者などの条件を満たす場合に簡易帰化という制度があります。普通帰化と比べて、居住条件や能力条件が緩和、免除されます。

 

最後に大帰化と制度ですが普通帰化や簡易帰化の要件を満たさなくても日本に対して特別の功労のある外国人が適用になりますが、いまだ認められた事例もありませんし、通常、帰化申請を考える場合はこちらを申請する側から考慮に入れる必要はないでしょう。

 

そのように大きくは3つに大別できる帰化の申請手続きは各都道府県にある法務局、または地方法務局、または各支局において行われます。

 

全国8ヶ所の管区ごとにある法務局は規模も大きく職員の数も多いことから相談に行ってもすぐに対応してもらえる場合が多いようですが、それ以外の地方法務局や支局の場合は予約制をとっているところもあったりして、すぐに対応してもらえないこともあるようです。

 

この辺りの詳細は各法務局、支局によって事情が異なりますので、まずは自分が住んでいる住所を管轄している法務局に問い合わせてみると良いと思います。 ただでさえ申請手続きには多くの書類の収集や作成が必要で手続きの準備だけでも時間がかかりさらに申請後も一年以上時間がかかる場合もあるので、 これらの手続きを効率よく短期間で、かつ確実に行いたいのであれば行政書士などの専門家に依頼をすることをお勧めします。

 

帰化とは

帰化許可申請書(無料ダウンロード)

必要書類一覧