トップページ > 帰化コラム > 帰化申請手続き

帰化申請手続き

帰化コラム- 帰化申請手続き

帰化することを考えているのだけれど帰化申請手続きが面倒で申請を躊躇しているというような方も中にはいらっしゃるかもしれません。

 

また、帰化をするのにどのような要件が必要なのかということがわからなく、自分が帰化できるか判断できないということで、思い留まってしまう方も中にはいらっしゃるのではないでしょうか。

 

このような場合はまず管轄の法務局に相談することが基本になります。ただし法務局の相談には予約が必要な場合もあり、予約から相談まで1ヶ月ほどかかることもあるようです。

 

この辺は事前に実際にはどのような運用になっているのか自分の住所を管轄している法務局に問い合わせてみると良いでしょう。さらに担当の職員が帰化の申請事務に不慣れな場合などは、何度も足を運ぶようなケースもあると聞きます。そのような場合に少しでも面倒を減らし確実に帰化申請を行ないたいのであれば行政書士などの専門家に依頼するのが一番のようです。

 

帰化申請に必要な書類は国籍証明や本国の戸籍謄本などでこれらには日本語訳も一緒に添付して提出する必要があります。このような本国関係の証明の取り寄せには在日の方や日本で出生された方などの場合、国籍はあっても本国との実質的な関係が希薄なために取り寄せにも時間がかかったり障害が出てくる場合もあるようです。

 

この辺の事務作業を不案内な日本語であったり本国の言葉を使いながら行うのは大変な労力を必要とします。帰化申請は申請してからも許可が下りるまで1年以上の期間がかかることも珍しくない手続きに時間がかかる制度です。

 

確かに国籍を変えることは重要なことで相応の考慮期間であったり手続き期間が必要なものではありますが、少しでも帰化の許可までの期間を短縮したいのであれば先に挙げたような帰化申請の手続きの経験が豊富な行政書士に依頼をしてスピーディーに事務処理を行うことで実現できるのではないでしょうか。

 

お近くの行政書士の事務所をネットや電話帳から調べてみて一度相談してみると良いと思います。

 

帰化申請手続き

帰化許可申請書(無料ダウンロード)

必要書類一覧