トップページ > 帰化コラム > 千葉県で帰化申請する場合

千葉県で帰化申請する場合

帰化コラム – 帰化申請 千葉県

<千葉県における帰化申請手続き>

 

帰化とは日本の国籍を持っていない外国人が日本の国籍を取得して日本人になるという手続きです。

 

そのような手続きを取りまとめているのが法務省で、認可を判断するのは法務大臣になりますが手続きの窓口は申請者が住んでいる住所を管轄する法務局、支局になります。

 

千葉県下にはいくつもの支局がありますが、帰化申請の業務は行なっていないところもあるので事前に確認が必要です。

 

たいていの場合、申請手続きをする前に法務局の職員との間で必要書類などをすりあわせるために一度相談をするのですが、予約制であることが殆どなので、その時に確認をすれば問題はないと思います。

 

なお、日本では毎年1万3000人以上の外国人が帰化の申請をしており、そのうち99%は申請が許可されています。

 

これは千葉県においても同様の数字だと思います。

 

この数字から帰化申請の手続きは非常に簡単なものと思うかもしれませんが、実際は役所に受け付けてもらえるまでに何度も書類提出のりやり直しがあったりと決して簡単に済むものではありません。

 

申請する人の国籍や職業などに提出する書類の内容や数は違ってきますが、いずれにしてもその数や作成する書類の内容はふつうの日本人から見てもうんざりするほどの量と質になります。つまり、申請手続きを間違いなく行い役所に受け付けて貰えれば高い確率で申請は許可されるのですが、それまでのハードルが高いのです。

 

これは、何十年も日本で生活されてきたようなケースをのぞけば、日本語での書類の作成や翻訳などの作業は大変な負担であり、間違いもおきやすいように思います。

 

そこで、このような申請手続きをより確実にスピーディーに行うには行政書士に仕事を依頼するのが一般的です。千葉県の帰化申請を当事務所では多数請け負っております。

 

もちろん行政書士に頼む場合は主に帰化申請手続きを行う行政書士は専門家だけあって申請書類の不備などもなくほぼ一発で申請書類をそろえることができるので帰化の許可が下りるまでの時間もぐっと短縮できます。

 

帰化申請 千葉県

帰化許可申請書(無料ダウンロード)

必要書類一覧