トップページ > 帰化コラム > 神奈川県で帰化申請する場合

神奈川県で帰化申請する場合

帰化コラム – 帰化申請 神奈川県

<神奈川県における帰化申請手続き>

 

帰化は外国籍を持っていた人が外国籍を離脱して、日本国籍を取得することです。つまり帰化することによって日本人になります。

 

どういう事情であれ国籍を変えるということは、その人に人生において大変な決断になります。他方で帰化とは別に日本に永住することが認められた永住者と呼ばれる外国人がいます。

 

いくつかの要件をクリアすれば日本への永住が認められるのですが、永住と帰化のどちらが良いかという判断は、当事者や周囲の人の生活形態や将来設計などで変わってきますので一概には決められません。

 

永住でしばらく様子を見てから、決心をするというようなこともできますから、今、自分がおかれている生活環境や状況から、どのようにするか慎重に決めていきましょう。そして、このような帰化申請手続きは国によって、手順や必要書類が違います。

 

日本において、これらの手続きを管轄するのが法務省であり、帰化を認める認めないの判断は法務大臣が下すものです。実務上の注意としては、まず最初に、帰化申請はすべての法務局、支局で行っているわけではないということを抑えておく必要があります。

 

また申請者が手続きが行なえる法務局は申請者が住んでいる住所の市町村を管轄している法務局でないと行えないものですから、あらかじめその法務局が管轄している住所を確認しておきましょう。そうでないと二度手間になる可能性も出てきます。

 

神奈川県において帰化申請を行える場所は全部で7ヶ所あって以下の法務局、支局になります。つまり、受付の窓口はそれぞれが住んでいる場所からは最寄りの法務局、支局になると思いますが、くれぐれも勤め先の近くの管轄外の法務局に、などということにはならないように気をつけましょう。

 

また、そもそも帰化申請における法務局での相談は原則予約制になりますから電話で確認のうえ問い合せれば間違いは少ないと思います。帰化申請は申請から許可が下りるまでに半年、一年と長期に及ぶものです。その期間を少しでも短縮するためには申請前の準備期間においていかに効率よく必要書類の収集や書類の作成などの準備を行うかが鍵となります。その為にも収集できる情報もあらかじめ万全に集めていきましょう。

 

その一つに行政書士などの専門家のサポートを受けるのも有効な手立てだと思います。

 

帰化申請 神奈川県

帰化許可申請書(無料ダウンロード)

必要書類一覧