トップページ > 帰化コラム > 埼玉県で帰化申請する場合

埼玉県で帰化申請する場合

帰化コラム- 帰化申請 埼玉県

<埼玉県における帰化申請手続き>

 

帰化申請は法務局で行うものですが、どこの法務局で行えるわけではありません。

 

たとえば埼玉に住所があって職場が東京にある場合に、たまたまその職場から東京の法務局が近くにあり手続きに便利だとしても手続きを行うことはできません。

 

埼玉県に住所がある場合において帰化申請の手続きを行うのは、さいたま地方法務局、それ以外には川越、熊谷、大宮、秩父、所沢、東松山、越谷、久喜などの法務局の支局でも行なうことになります。

 

ここでさらに注意すべきは埼玉県内においても、それぞれの法務局、支局は管轄している住所によって利用がわかれており、例えばさいたま市、戸田市、蕨市にお住まいの方はさいたま地方法務局で行い、それ以外の地域に住んでいる場合はそれぞれの住所を管轄している最寄りの支局で行うかたちになります。

 

間違うことはあまりないかもしれませんが利用の際は事前に自分が手続きを行う法務局、支局をしっかり把握しておく必要があります。その点をはっきりさせたら次にその法務局、支局に相談に行きましょう。予約制の場合もあるので事前にその部分の確認も済ませておきましょう。ここまできてその相談において担当者より必要書類などの指示があります。

 

必要書類は申請する人の国籍やサラリーマンや会社経営者など職業によっても違ってくるので他の人の例があまり参考にならないことが多いですから間違いのないようにしておきたいものです。特に本国から取り寄せる書類などは申請して日本に届くまでにタイムラグがありますのでその辺も事前に把握しておく必要があります。

 

帰化申請は申請が受理されてからも許可が下りるまでに短い場合でも約半年、長い場合は1年以上かかる場合があります。ただでさえ長期に及ぶ申請の手続きにおいてその準備段階で不備があり申請が遅れるようではいつまでたっても帰化の許可がおりません。

 

特に急ぐ必要がない場合でも一つの書類の用意が遅れている間にすでに用意済みの申請書類の有効期限が切れたりということが起こったりするとなかなか先に進みません。

 

一人では難しい場合は近隣の行政書士さんにサポートをお願いすることも検討してみましょう。 行政書士さんの中に帰化申請をほぼ専門に行なっている方もいますのでスケジューリング管理や書類の書き方などもアドバイスしてくれるでしょう。

 

帰化申請 埼玉県

帰化許可申請書(無料ダウンロード)

必要書類一覧